格安SIMは本当に安いのか

格安SIMは本当に安いのか

格安SIMは最低料金では2000円台で利用できるものも多く、適切なプランを選んでいれば安くなります。
ただし、最近は大手も料金プランの見直しを行っているので利用状況によっては大きな違いが出なくなることもあり、大手の3分の1になるなどの宣伝を鵜呑みにするとあまり安くないように感じるため、比較して使いやすい方を利用しましょう。

格安SIMでは通話料金に定額プランがない場合があり、通話時間に応じて料金が発生するものでは高くなってしまう可能性があります。



利用状況によって通話アプリを使った方が良いですが、相手にもアプリを入れてもらわないと利用できなかったり、データ通信を使用するものなどがあるので注意が必要です。

データ通信量に関しては格安SIMでは1GBなどの少量のプランも用意されていますが、前述のようなデータ通信を使った通話アプリを多用する場合は多めにしておかないと上限に達しやすくなるため、これを考慮して選びましょう。



格安SIMの最低の料金プランでカバーできるような利用状況の場合は大手を使っていても継続利用割引などと合わせると料金に違いが出なくなることがあります。


この場合はサポート体制で比較して決めると良いですが。



格安SIMでは電話やメールでの対応が中心となり、店舗で詳しい説明を受けられなかったり、サポートの内容としても大手よりは簡易的になるので頻繁に相談している人は不便に感じる可能性があるため、切り替えるべきか十分に検討が必要です。


Copyright (C) 2017 格安SIMは本当に安いのか All Rights Reserved.