格安SIMの仕組みについて

格安SIMの仕組みについて

スマートフォンには通信に必要な情報が記録されたSIMカードが装着されています。大手キャリアでスマートフォンを契約した場合は、ユーザーがSIMカードを装着することはありません。



あらかじめスタッフがSIMカードを装着した状態で渡してくれるからです。



そのため大手キャリアのスマートフォンを使っている限りは、SIMカードの存在を意識することもありません。


しかし格安SIMを利用する際にはSIMカードを自分で装着する必要があります。

SIMカードには最も大きなサイズである標準SIMと、現在の主流となっているサイズであるmicroSIMと、最も小さいサイズであるnanoSIMがあります。

標準SIMは最新機種ではほとんど使われていませんが、microSIMは普及モデルによく採用されています。

nanoSIMは特定のメーカー製のスマートフォンで積極的に採用されています。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて運営しているのでコストが安く済み、サービスエリアも品質も大手キャリアとほとんど変わることはありません。

また大手キャリアよりも料金プランが豊富に用意されており、自分に合ったプランを無駄なく契約できるのが格安SIMの魅力です。



例えばデータ通信だけのプランです。これはインターネット通信だけを行うためのプランで、電話以外は全てのサービスを利用できます。

主にメッセージアプリを使っている人や電話番号が必要ない人に人気があります。

Copyright (C) 2017 格安SIMの仕組みについて All Rights Reserved.