多くの事業者が参入している格安SIM

多くの事業者が参入している格安SIM

新たな携帯電話事業者として注目を集めているのが格安SIMですが、格安SIMは多くの事業者が参入している事で価格競争が進んでおり、家族で契約した場合であっても1万円以下で使える事がほとんどです。


格安SIM事業者の基本プランは、音声通話SIM・データSIM・SMSつきデータSIMがほとんどであり、ごく一部の事業者は音声通話SIMが無いケースもあります。音声通話SIMは、音声のみの契約ではなく高速データ通信がセットで付いており、高速データ通信を使う事は無い場合は低速のみを使えるプランもあるので、そちらを契約すれば1500円以下で使える事も有ります。



一般的な音声通話SIMの料金は、通話基本料と3GBのデータ通信が込みで2000円弱となっていて、従来の大手携帯電話のスマートフォンと比較すると半額以下で使える事もあります。
格安SIMでネックとなっているのは、大手携帯電話会社が提供している国内定額通話が無い事ですが、通話料金の管理はユーザー自身の注意が大切となってきます。



近年は、多くの事業者が850円程度で提供している10分定額制オプションを利用する事が可能となっており、それ以上の通話は課金制となります。



課金で負担してしまうと通話料金が大きくなってしまいますので、通話時間が多くなる可能性がある場合は、メッセージ機能が付いている無料通話アプリ・050で始まるIP電話アプリをインストールして使う事をおすすめします。

Copyright (C) 2017 多くの事業者が参入している格安SIM All Rights Reserved.